沖縄の風俗について学ぶ!メンエスが主流?ピンサロは違法?ソープは地雷?

沖縄の風俗について学ぶ!メンエスが主流?ピンサロは違法?ソープは地雷?



一流の紳士&極上の女性の出会いをサポート【gemedy(ジェミディー)】

日本最南端にある南国沖縄。
年中比較的温かく、連日沢山の観光客が訪れます。
また、沖縄は風俗がとても盛んな地域でもあります。
沖縄の歌舞伎町こと『那覇市松山』、琉球王朝の時代からの古くからの歴史をもつ『辻町』、
今はなき『真栄原』など、多くもの特殊風俗店が立ち並びます。

はーも
はーも
最近ではメンズエステも流行ってるよ!ぬるぬるマットの密着先体もあるみたいだよ!

 

ほほう。安くてHなお店がいっぱいありそうですね。んほほぉぉぉ!
クソ客さん
クソ客さん

 

先生!沖縄の風俗について知りたいです!
良客くん
良客くん

 

では沖縄の風俗はどんなものがあるのでしょうか?
以下に詳細を記載します。
(注:2019年2月9日現在)

1.ソープランド

沖縄風俗といえばやはりココ!那覇市辻町のソープランド!
海沿いに隣接している風俗街というのが南国沖縄ならではなところです。

約50店舗のソープランドが立ち並ぶ辻町

辻町には約50店舗ものソープランドがあります。
値段の相場は50分16,000円から。
高級店はなく、ほとんどが大衆店です。
平均的な営業時間は朝10時~明け方3時。
これは店によって異なり、朝5時までやってる店もあれば、24時間営業してるお店もあります。

 

また、近年では全国系列の店も増えてきて、県外のレベルの高い女の子も増えてます!

マットプレイがおすすめ!

ソープといえばやはりマット!
16,000円の低価格でマットプレイを味わえるのは全国でも数少ないと言えるでしょう。
しかし、近年ではマットプレイNGの娘が増えてきてるため、マット有だとやや年上の娘にあたる確率も高いです。

締めはステーキ?辻スーパーの惣菜もおすすめ!

辻町グルメといえば『ステーキハウス88』!
アメリカナイズなボリュームのあるステーキが遊び疲れた殿方のお腹を満たしてくれます。
また、ステーキハウス88向にある『辻スーパー』で惣菜を買うのも乙でしょう。
辻スーパーは24時間営業してるので、朝方まで活動するソープ・プレイヤーにとっては朗報です。

2.ヘルス

実は沖縄は箱型ヘルスは少ないです。

 ・エンジェルリップ
 ・yesグループ各店

これは沖縄県の条例により、特殊風俗営業の許可が降りるエリアが限られてしまったため、 公に営業できるお店が那覇市辻の特定の地域のみになっている事が影響していると考えられます。

-沖縄県風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例より抜粋-

第10条 次の各号に掲げる店舗型性風俗特殊営業は、それぞれ当該各号に掲げる地域においては、これを営んではならない。
(1) 法第2条第6項第1号の営業 別表第2に掲げる地域
(2) 法第2条第6項第2号の営業 別表第3に掲げる地域
(3) 法第2条第6項第3号の営業 第5種地域以外の地域
別表第2(第10条関係)
区分 地域市部 名護市 うるま市 沖縄市 宜野湾市 浦添市 那覇市(辻2丁目10番から22番まで、辻2丁目24番及び辻2丁目25番を除く。) 豊見城市 南城市 糸満市 宮古島市 石垣市
郡部 国頭郡 中頭郡 島尻郡 宮古郡 八重山郡


https://www.pref.okinawa.jp/reiki/35990101003800000000/35990101003800000000/frm_inyo_prag61.html

ソープと比べてヘルスは単価が低いため、それなりのバックボーンがある大きな店舗でない限り、採算を取るのが難しいためという元風俗経営者からの見解です。

料金はやはりリーズナブル!

相場は平均的に8,000円~10,000円。マットヘルスはありません。
値段的な事から地元民から多大な人気があるため、アポ無しで直接店舗へ行くと
予約で入れない!といった事がしばしばあります。

ソープ、ヘルスの予約は下記ポータルサイトを活用する事をお勧めします。
【シティ・ヘブンネット沖縄】
https://www.cityheaven.net/okinawa/

3.デリヘル

近年の沖縄ではデリヘルもアツイです。
ヘブンネット掲載店で73店舗(2019年2月9日現在)
中には1万円を切る激安コースを設置している店舗もあります(ホテル代除く)

ラブホテル街は波の上、比屋根!

沖縄のラブホテル街は少ないです。
ここで定義する『ラブホテル街』とは、ラブホテルが数10件以上建ち並ぶ地域の事ですので、無論上記地域以外にもラブホテルは存在します。

・波の上
那覇市辻~若狹にある海沿いの区域です。波の上ビーチが目印です。
民宿の様な古風なホテルから、設備万端の高級感溢れるホテルまでと、様々なホテルが存在します。

・比屋根
沖縄市比屋根~北中城村屋宜原にかけた山道にあるラブホテル街です。
森林が茂った道の中にラブホテルが多数あり、とても”街”とは呼べず、どちらかというと車で来るお客様向けのラブホテルが多数建ち並びます。

高収入バイト求人【チャットレディJP】

4.ピンサロ

ピンサロが存在するのは那覇市松山、沖縄市中の町の2か所です。
どこも看板は存在せず、繁華街に立っているキャッチを通してからでないと店にはたどり着けません。
時間帯は夜23時~朝方5時頃まで。

実は違法店

前述のヘルスの項でも記載したとおり、沖縄は那覇市辻以外は店舗型風俗が営めません。
よってそれ以外の風俗店はおのずと風営法の枠から出たお店となります。実際の値段はヘルスと変わらない

値段はヘルスと変わらない

基本料金8,000円なので、実質ヘルスとそんなに大差ない額となります。
しかし、閑散期の平日などはキャッチとの交渉次第では少し安く出来るかもしれません。
また、近年では料金追加で本番コースを設置してるお店もあります。
無論、シャワーは浴びれません。

5.メンズエステ

ここ数年、沖縄の風俗業界を賑わせてるのがメンズエステ。
マッサージからの手コキ、というオーソドックスなスタイルです。
近年では密着先体マッサージのお店も増えてきてます。

値段はヘルス以下。割引使えば4000円で遊べる店も。

値段はヘルス以下。割引使えば4000円で遊べる店も。
店により異なりますが、通常料金はほぼ40分6,000円。
そこからタイムサービスなどで割引をやっている店が多いです。
ヘルスと同様にメンズエステもよく混みますので、電話予約がオススメです。

沖縄のメンズエステ店舗は下記ポータルサイトに掲載されています。

【デイズナビ沖縄】
http://qs.daysnavi.info/okinawa/

場所は様々

他の風俗店と違って、風俗街にのみ店舗が集中してるわけではなく、様々な場所に存在します。
一番多いのは那覇市、沖縄市、その次にうるま市、北谷町、宜野湾市、北中城村にメンズエステ店があります。

原則は風俗店ではく、”ただのマッサージ店”

前述のとおり風俗営業許可店は辻の特定の地域にしか出せないため、堂々と“風俗店”とは名乗れません。
手コキも無論NGで、電話受付では「ハンドマッサージ」と呼称する事が多いです。

原則セラピストへのお触りはNG

マッサージ店名目なので、女の子へのタッチも”原則”NGです。
原則ですのでお願いすれば触らせてくれたり、中にはHなサービスをしてくれる娘もいます。
但し、それは当たり前ではなく、どちらかと言うとお触り一切NGの娘が多いです。

誘惑の密着先体

女の子が水着になってエアーマットの上で体を使ったローション・マッサージを受ける事ができます。
ソープのマットプレイでリップ(口によるサービス)が無い形です。
しかしこれも原則お触りNGです。本当に一切触らせない娘もいます。

痩せたい人のチャコールスムージー【魔女のごほう美】

6.本サロ

那覇市前島のある一画に存在します。
この地域にしかないので『前島(まえじま)』と呼称されます。
古くからある風俗店で、外観は昭和を連想させます。
相場はほぼ10,000円からでシャワーなしの本番行為のみとなります。

入店は店前の客引きから

国道58号線沿いにある「とまりん」近くのほっともっと(弁当屋)の裏手の通り街一画に存在します。
夜になると怪しげな店の看板が店頭し、店前に客引きがポツポツと立っているので、そこから交渉して入る形となります。

年齢層は高めだが、近年では若い娘もいるとの噂

前島は昔から年齢層が高い事で知られています。
若くて三十代。
しかし近年では20代前後の娘もいるとの噂があります。あくまで噂ですが・・・

7.ちょんの間

少し前までは沖縄の風俗シーンを賑やかせたちょんの間。
かつて一世を風靡した“真栄原”“吉原”は一斉摘発により、今はその影を潜めています。
しかし、今もなおまだ沖縄にちょんの間は存在します。

栄町は永久不滅

ちょっと”大人”の繁華街、栄町
ここにも古くから”旅館”と称したちょんの間が存在し、今もまだ健在です。
しかし昔に比べると店舗すうもめっきり減り、今では4~5店舗くらいです。
年齢層も相変わらず高めですが、若い娘もチラホラいる時があります。

“時間限定”で吉原は営業中

一斉摘発を受けた吉原ですが、実は限られた時間帯のみ復活しています。
詳細な時間帯は不明ですが、だいたい夜22時~夜中の3時ごろまで営業しているとか。
警察が立ち入らないよう厳重に警戒して営業しているそうです。
また、吉原にはメンズエステも多いです。

以上が沖縄の風俗となります。
ちょんの間の激減、メンズエステの台頭などもあり、沖縄の風俗事情はますます厳しくなってきてます。
しかし、それでも個々の店舗の力は確実にあがっているため、今後も沖縄風俗には目が離せません。


沖縄風俗カテゴリの最新記事