【1日○万円保証】本当は怖い風俗の保証制度

【1日○万円保証】本当は怖い風俗の保証制度

風俗嬢の皆さん、こんばんは。

今日は皆んな大好き、保証制度のお話です。

多くの風俗嬢がお店選びで求人誌を開く時、まず第一に見るのは「保証の有無」だそうです。

女の子も保証があると安心すると皆口を揃えていいます。






しかし・・・



 
 
 

保証の事を勘違いしてる女の子が多すぎます。





勘違いすると大変な目に合うのが保証制度。

痛い目に合う前にまずは保証につい今一度学びなおしましょう。

 
 

高収入バイト求人【チャットレディJP】

 
 
 

保証制度とは

風俗は言わずと知れた完全歩合制の仕事。

沢山のお客様を接客すれば、沢山のお金が貰えます。

しかし、その日一人も接客をしなければ、0(ゼロ)です。(業界用語で“お茶をひく”

 
 
出勤して0円だった時の悲しみ、怒り、虚無感は想像を絶します。
 
 
 



 

だって本当はこの日数万円稼ぐはずだったのに、0円ですよ!0円!
 
 
 
 
それに交通費考慮するとマイナスです。
 
 
 

大赤字です。
 
 
 

 
 
 
女の子は常に不安です。客が欲しい。ペニスが欲しい。金が欲しい。
 
 

 

 
そんな不安を解消してくれるのが「保証制度」です。
 
 
 
 
 
 

 
 

保証の仕組みはお店によって違いますが、大きく分けて2通りです。

①一日○万円保証の日単位の最低保証タイプ
②待機時給○円の最低時給保証タイプ

ソープやデリ、ヘルスに多いのは①ですね。
1日5万保証とか、多くて10万保証とかもあります。

メンズエステに多いのが②です。
例えば時給2x千円で4時間待機すると最低保証は8千円、といった方式です。

 
 
 
 
 
①で10万保証とかかなりオイシイですよね!
 
 
 
 
 
 
お茶引いても10万!
 
 
 
 
 
 
こんな最高の保証はないでしょう!

 
 
 
 
 
と思ったそこの貴女。
 
 
 
 

次をしっかり読んでください。
 
 

保証の分、働かされる

確かにお茶を引いても、2人くらいしか接客しなくても、最低保証の分は貰えます。

しかし、ずっとそうやってたら店は大赤字です。

もっと言えば、保証付きの女の子が出勤した時点で赤字のリスクを抱えたようなもの。

 
 
 
 
スタッフにとって戦いの始まりです。
 
 
 
 
スタッフは赤字を出さないために、その娘に保証の分、働かせます。

 
 
 

これ、かなりハードですよ。
 
 

例えば大衆店で1日の最低保証額が7万円だとしましょう。

 
 
一番短いコースの女の子の取り分が平均して9千円だとします。(もっと少ないとこもあります)

客一人につき9千円だと単純計算で8本つけば7200円で7万を超えます。

9,000(1本) × 8(人) = ¥72,000円

(※この場合、雑費は考慮しません)


そうなると、1日8本です。
 
 
 
 

 
 
 
解りますか?
 
 
 
 
 

1日で最低でも8人の男性の相手をしないといけません。

 
 
 
それも1日だけではありません。

店の保証制度の内容によって詳細は異なりますが、週に最低4日は出勤させられるのがほとんどでしょう。

 
 
 
週に1~2日だけとかそんな生温い条件では保証をつけさせません。
 
 
 

働かせます。
 
 
 
 

短期の出稼ぎの場合は一週間連チャンとかざらにあります。

体調崩して早退しようものなら、保証は早々に解消されるでしょう。

 
 
 
 
 
 
 
 
沢山働かされ、沢山泣いた後に気づきます。
 
  
 
 
 
 
 

「保証はいらない…」
 
 
 

 

 
 
 
 

保証がなくても稼げる

まぁごく普通の事ですが、ちゃんと見た目と接客に気を使えば保証に頼らなくても稼げます。

店側も口を開けば保証!保証!しか言わない娘はあまり快く思いません。むしろ保証とか言わないでただひたすら一つ一つの接客に全力で取り組んでお店に貢献してくれる娘を店側は応援したいです。

そういった娘に良いお客様をいっぱい付けて稼がせたい。

これが店側の本音なのです。

   
 
 

とは言っても保証は店側にとってメリットもある

  
とまぁ、こここまで保証制度のデメリットばかり話してしまいましたが、今一度落ち着きます。
 
 

 
 
 
確かに保証制度はリスクが多いです。

しかし、それは店側にとっては刺激でもあります。

というかまぁ、元を辿れば稼がせきれないお店が悪いのですから。

確かに女の子によって売れる、売れないの差はありますが、女の子頼りで店側が何も努力しなければ利益は産まれないし、女の子との良い関係性も築けません。

それに女の子が保証の分稼ぐ=店側の利益も増えます。

そういう意味では保証制度は店側のケツを 叩くいい刺激にもなるでしょう。


(まぁ、たまに保証割れ防ぐために女の子の取り分だけ頂いて知り合いを客として入れるという事もたまにありますが、そこは置いときます・・・・・)

   
  
 

最後に

という事で、少し矛盾だらけの記事になりましたが、保証制度は必ずしも良い、悪いではないので、保証制度を利用する場合は店側の仕組みをしっかりヒアリングしてから利用するようにしましょう。
 
 

 
 

ちなみに

保証制度の正しい使い方のポイントについては以下の記事を読んでください。

 
 
 
 
 

風俗のお仕事とは?(女性編)カテゴリの最新記事